ドッグフードの成分

日本では、人間用の肉の安全基準と、ペットフードの安全基準は大きく異なっています。一応、ペットフード安全法というものはあるのですが、規制があるといえるのかどうか疑問に思えてしまうレベルです。特に、数種類の食品添加物においては、ペットフードに関しては帰省していないのも同然なのです。人間と同じ基準にできない理由は、非常にシンプルなものです。日本で販売されているペットフードは、ほとんど外国産だからです。

日本が厳しい安全基準をもし設けてしまったら、海外のペットフードを輸入できなくなるかもしれません。そこで、日本に販売されているドッグフードの中でもなるべく安全なものは、自分で選ぶしかないのです。まず、成分として、エトキシンとBHTやBHAが記載しているドッグフードは避けた方がいいでしょう。いくらなんでもそんなことは書いてないだろうと思っても、ドッグフードの成分表を確認すると、意外に記載されているものが多いのです。

ある人が、犬が病気になったことがきっかけとなって、獣医さんにすすめられたドッグフードを愛犬に与えていましたが、そのドッグフードは市販されているものよりもやや高価だったにもかかわらず、BHAと記載されていたという例があります。たとえ、記載されていなくても安心することはできません。ペットフード安全法では、原材料については原則として全て表示しなければならないことになっていますが、原材料に含まれている添加物の表示までは義務付けていないからです。

Copyright © 2014 ドッグフードの成分 All Rights Reserved.